レビューの点数4.9/5の満足度♪「にゃんがーど」はこちら ↓↓

「命に危険が!」猫には毒になる植物たち

「命に危険が!」猫には毒な植物たち

あなたは、花や植物は好きですか?
季節で色々な表情を見せてくれる植物には、癒されますよね。

でも、植物の中には、猫が触ったり食べたりすると害を及ぼすものもあります。
前に猫が中毒を起こしやすい食べ物を紹介しましたが、基本的に猫の体は、野菜や植物の成分に弱いと思った方が良さそうです。



今回は、猫にとって毒となる危険な植物についてお伝えします。
ですが、実は700種類以上あると言われているので、とてもここでは書ききれません。
そのため、特に危険なものをご紹介しますね。

ユリの仲間

  • ユリ
  • スズラン
  • チューリップ など

ユリ科の植物は花が美しいので、お庭で育てたり部屋に飾ることも多いと思います。
でも、花や花粉、葉、茎など、全体に毒の成分があるんです。

猫の体に入ると吐いたり全身がマヒしたりします。
最悪の場合は、腎臓がダメになり命に関わるので、愛猫には絶対に触れさせたくない植物の一つです。

ナスの仲間

  • ホウズキ
  • イヌホウズキ
  • チョウセンアサガオ など

ホウズキの鉢植えがお庭にある人もいるかもしれませんね。
ナス科の植物にも、毒となる成分が全体に含まれています。
猫が食べてしまうと、吐いたり呼吸が苦しくなったりします。
また、神経に悪影響が出ると、マヒやけいれんを起こすこともあります。

サトイモの仲間

  • ポトス
  • アイビー
  • スパティフィラム
  • フィロデンドロン など

これらはサトイモ科の植物で、特に茎や葉っぱが危険です。
「聞いたことない植物だな」と思う人もいるかもしれませんが、見てみるとザ・観葉植物という感じです。
おしゃれな人が部屋に飾っていそうですよね。
見た目が綺麗ですが、間違って猫が食べると、気道が塞がってしまったりけいれんを起こしたりするので危ないです。

キンポウゲの仲間

  • キンポウゲ
  • アネモネ
  • クレマチス など

キンポウゲ科の植物は、花が美しいのでガーデニングでは人気です。
でも実は、毒性植物として有名なトリカブトの仲間でもあり要注意です。
これらの植物に猫が触れると、皮膚がかぶれることがあります。
また、口にすると胃腸炎で吐いたり下痢をすることもあり、最悪の場合は命に関わります。

ナデシコの仲間

  • ナデシコ
  • カーネーション
  • カスミソウ など

ナデシコ科の植物は花が綺麗なので、プレゼントでもらう機会も多いですね。
でも、猫が触れるだけで皮膚が炎症を起こしたり、食べてしまうと胃腸に悪影響があります。
ひどいと命に関わることもあります

ツツジの仲間

  • ツツジ
  • シャクナゲ
  • サツキ など

ツツジ科の植物も、美しい花を咲かせますね。
室内に置く人はあまりいないと思いますが、枝や切り花を飾るのはNGです。
花や葉を猫ちゃんが食べてしまうと、神経や心臓に悪影響が起こる場合があります。
命が危なくなることもあります。

まとめ:猫には危険な植物

  • ユリ科
  • ナス科
  • サトイモ科
  • キンポウゲ科
  • ナデシコ科
  • ツツジ科 など

※これ以外にもたくさんあるので、基本的には観葉植物や花は家に置かない方がいいです。

最後に

愛猫が植物を食べたがる場合は、食べても安心な猫草を置くのもいいでしょう。
また、やたらとかじりたがる理由には、ストレスが潜んでいるのかもしれません。
猫にとって、お家が快適な環境になっているかを見直してみてください。

タイトルとURLをコピーしました