レビューの点数4.9/5の満足度♪「にゃんがーど」はこちら ↓↓

猫とインドア派飼い主の相性がいい理由とは?

猫の健康について

世の中には、インドア派の人とアウトドア派の人、一体どちらが多いのでしょうね?

完全なインドア派やアウトドア派という人ばかりではないと思いますが、「家にいるのが大好き!」というあなたは、まさに猫との相性がバッチリと言えます。

出掛けるのににためらってしまうこのご時世ですが、愛猫と一緒に、ほっこりとした時間を過ごすのもいいかもしれません。
今回は

猫とインドア派の飼い主が相性バッチリな理由

を紹介します。

猫は散歩がいらない

最近は、猫を散歩させる人も増えているようです。
ですが猫は、本来は人間が散歩をさせる必要がない動物です。
放し飼いなら猫は自由に外へ出ていきますし、室内飼いの場合も散歩はいらないと言われています。

もちろん、それなりの広さや運動できる設備は必要ですが、猫は1匹でも自由に運動できます。
なので、出不精の人とは相性のいい動物といえるのです。

猫は旅行に向かない

「猫には散歩がいらない」と言いましたが、そもそも猫は外を連れまわすのに向かない動物です。
引越しなどの環境の変化にはとても敏感ですし、一緒に旅行をすると猫にはかえってストレスになります。

飼い主が旅行する時には、ペットホテルか慣れた知人に預けるなどの対策をしなければなりません。
ですから、旅行が好きでしょっちゅう出掛けている人よりも、家にいるのが好きなインドア派の人のほうがお互い気持ちよく過ごせるのです。

まとめ:猫とインドア派飼い主の相性がいい理由

  • 猫は旅行や外出に向かない動物のため
  • 猫は散歩がいらないため

さいごに

猫を室内飼いにしていると、「猫がずっと家に閉じこもりでかわいそう」と感じる人もいるようです。
でも、散歩させようと外に出した途端に、恐怖でその場にうずくまってしまう猫も多いです。

繊細な猫ちゃんなら、強いストレスで体調を崩してしまう場合もあるので、特殊な事情がない限りはそんな危険を冒すメリットはないでしょう。

どうしても愛猫に外の空気を感じさせてあげたい場合には、ベランダの大窓に猫用フェンスをつけて換気したり、保護ネットを張ってベランダまで出すという方法もあります。

しかしその場合も、脱走やベランダからの転落事故とつねに隣り合わせです。
安全対策のネットやフェンスは頑丈に取り付け、必ず目を離さないようにしてくださいね。


タイトルとURLをコピーしました