レビューの点数4.9/5の満足度♪「にゃんがーど」はこちら ↓↓

「にゃんがーど」注文前の採寸や注意点について(解説)

猫脱走防止柵の豆知識

品質が良く、猫のことをしっかり考えて作られている猫専用脱走防止柵のにゃんがーど

実際に、オーダーした方の多くが高く評価しています。
ただ、「採寸で失敗した」という意見もわずかにあります。

そうした方も問題なく使えていて結果的に満足されていますが、建築の知識が全くない人には、どこをどう測ればいいのかが若干分かりにくい部分もあるようです。
(公式サイトには親切に書いてあるのですが、天井まわりぶち幅木など、私自身初めて聞く言葉もあり、「全くの初心者には分かりづらいかも」と感じました。)

猫脱走防止柵は、採寸方法や場所が不明なまま感覚で注文してしまうと、取り付けできなかったり本来の役目を果たさない可能性があります。

そこで今回は、

  • にゃんがーどの注文前に採寸する場所・方法
  • 柵の設置場所を選ぶちょっとしたポイント

について、補足的に紹介していきます。

まず「にゃんがーど」の設置場所を決めよう

当然ですが、測るのは猫脱走防止柵の設置予定場所の広さです。

玄関やベランダの扉の前など、猫を通したくない場所の手前に柵を設置する場合が多いでしょう。
その中で、にゃんがーどで塞げそうな場所を候補にします。
候補が見つかったら、設置後に扉の開け閉めがスムーズにできるかを考えます。

つまり、

  • 柵を開け閉めした時に、天井の照明器具や火災報知器などに当たらないか?
  • 柵の近くに、猫が登って柵を跳び越えられそうな家具や設備がないか?

という視点で周囲を見ます。
少し広めに見積もっておくと安心ではないでしょうか。

オーダーする前に測る場所は?

↓採寸箇所については、公式サイトにこんな感じで丁寧な説明が載っています。
(画像をクリックまたはタップすると公式サイトへ移動できます。)
つまり図のA~Gの各サイズを測ればいいのですが、ちょっとした専門用語も出てくるので、一部解説しますね。

A…床~天井の高さ
この長さが、にゃんがーどの支柱部分(つっぱり棒の部分)の高さになります。

B…幅木の内寸法(設置場所の床幅)
「幅木」(はばき)とは壁の下方にある板のことを言いますが、これがない建物もあります。
幅木がある場合は、幅木から幅木までの長さを測ります。

幅木

C…幅木の高さ
幅木の縦幅のことです。

D…幅木の厚み
幅木が「どれだけ出っ張っているか」の長さです。

E…天井まわりぶちの内寸法(設置場所の天井幅)
「天井まわりぶち」とは、壁の天井側をぐるりと囲む板のことで、ない場合もあります。
ある場合は、天井まわりぶち間の長さを測ります。

天井まわりぶち

F…天井まわりぶちの高さ
天井まわりぶちの縦の長さです。

G…天井まわりぶちの厚み(飛び出している部分の長さ)
天井まわりぶちがどれだけ内側に張り出しているかを測ります。

ビニール製のメジャーでは温度により誤差が出やすいため、正確に測るためには、金属製のメジャーを使うのがおすすめです。
また、サイズを1回で判断せず、最低でも2回測ってから注文することを公式サイトでも勧めています。
わずかな狂いなら取り付け時に調整がききますが、限度もあります。
そのため、必ず正確な寸法を測っておきましょう。

まとめ:にゃんがーど注文前に気を付けておくこと

  • 「にゃんがーど」の設置場所は、周りに障害物がなく扉を開閉しやすい場所を選ぶ
  • 採寸場所や設置について不明な点はメーカーに問い合わせよう

最後に

にゃんがーどのオーダーはミリ単位で行うので、よく分からないままに採寸するのはお勧めできません。

また、今回紹介したことはあくまで補足的な解説です。
家が特殊な構造で設置できるのか不安な方や、測り方がよく分からない場合には、事前に製造元のねこ工房に確認するのが良いと思います。

電話または公式サイトのお問い合わせフォームから、質問できますよ。
(丁寧に対応してくれると、評判が高いです。)

タイトルとURLをコピーしました