レビューの点数4.9/5の満足度♪「にゃんがーど」はこちら ↓↓

みんなが「猫脱走防止柵」を購入したきっかけ

みんなが「猫脱走防止柵」を購入したきっかけ


「今のところ何とかなってるし、まだ柵は付けなくてもいいんじゃないかな」

と思っているかもしれません。

猫脱走防止柵は安いものじゃないですし、ふんぎりが付かない人もいるでしょう。
ところで、すでに柵を使っている猫飼いさんは、一体何がきっかけで購入を決めたのでしょうか?

ここでは、世の猫飼いさんが脱走防止柵の購入を決めた理由・きっかけを紹介しますね。

「脱走されそうになったから」

  • 車にはねられた猫を保護したので、また同じ目に遭わせたくないと思いました。
  • 放し飼いにしていた愛猫が、交通事故で亡くなってしまったので。
  • 仕事から帰るたびに猫が玄関手前で待っていて、「脱走されるのは時間の問題」だと思ったからです。
  • 出かける時に玄関のドアまでついてくるようになったので。

「専門家に勧められたから」

  • 保護団体から猫を引き受ける時に「脱走させちゃダメ」と念を押されたからです。
  • かかりつけの獣医さんから脱走防止扉を勧められたので。

「台所でイタズラされたから」

  • 料理中に猫がキッチンに入ってきて危ないから。
  • 目を離すと、猫がガス台や食器の上に乗って困っていたからです。
  • キッチンのごみ箱を漁ってビニールをかじってしまうので。

「手作りの柵が不便だから」

  • 柵を自分で作ろうとしたけど失敗したからです。
  • 自作のついたてを移動させるうちに床をキズ付けてしまったので。
    しかも猫にすり抜けられた…

最後に

どうでしたか?
「脱走されちゃうかも!?」とヒヤッとした時が、柵の買い時なのかもしれません。

大切にしている愛猫に何かあったら…とストレスだった毎日が、柵を付けたことで気がラクになったという人はたくさんいます。
特に玄関には、優先して柵を付けたいですね。

タイトルとURLをコピーしました