レビューの点数4.9/5の満足度♪「にゃんがーど」はこちら ↓↓

完全室内飼いの猫に散歩は必要なの?

猫ちゃんのお悩み

猫の散歩については、様々なところで賛否が言われていますね。
愛猫が窓をカリカリ引っ掻いていると、

「出たがっているのにかわいそう。散歩をさせてあげた方が良いのかな?」

「でも、散歩させて何かあったら??」

と心配になる方もいるでしょう。
こうして悩むのも愛情ゆえだと思います!

今回は、

猫に散歩が必要な場合

についてお伝えします。

犬のような散歩は猫には必要ない

基本的に、猫には、犬のようにリードを付けての散歩は必要ないと言われています。
それは、外と行き来を自由にしている場合でも、完全室内飼いの場合でも同じです。

本来、猫のパトロールは、自分のテリトリーを確認するために行うものなのだとか。
ですから、仔猫の時からずっと家の中にいて、家だけがテリトリーの場合にはそもそも必要ないのですね。
運動不足や退屈にならないように、住宅環境を整えてあげれば十分なのです。

散歩が必要かもしれない猫ちゃんは?

散歩が必要かもしれない猫ちゃんは?

確かに、外出自由な猫や生まれた時から家の中だけで育った猫なら、散歩は必要ありません。
ですが、

  • 誤って外に脱走後、催促するようなった猫
  • 元々ノラだった猫

などの場合には、何かしらの対応を考えなければなりませんね。

誤って外に脱走後、催促するようなった猫

仔猫の時から家の中で育った子でも、間違って外に出てしまうことがあるかもしれません。
その時に「外なんてコリゴリだ」と思うか、「外って楽しい!」と思うかは猫ちゃんによるでしょう。

ただ実際に、脱走後に味を占めて「出してくれ」と催促するようになったという話は少なくないです。

ただし、窓の近くで鳴いているからといって、外に出してほしい気持ちの表れとは限りません。
「窓の外を見ている=出たがっている」訳ではなく、外の鳥や人間などを興味本位で観察しているだけの場合もあります。
大人しく見ているだけなら、わざわざ散歩に連れ出す必要もないでしょう。

また、猫ちゃんが飼い主さんの気を惹くために、出たがるフリをしている可能性もあります。
その場合には、十分に構ってあげれば解決するでしょう。

元々がノラだった猫

ノラ猫を途中から室内飼いにした場合は、「閉じ込められた」と猫が感じるのもごく自然なこと。
元々の縄張りが外にあるので、室内に慣れた後でも出たがることはあります。
特に、大人になってから飼われた猫は、室内飼いに慣れるまでに時間がかかります。

飼い主さんの選択次第

愛猫が外に出たがっている場合に、

  • それでも室内飼いに徹するか?
  • 毎日散歩の時間を作るか?

を決めるのは、飼い主さんの大事な役割だと思います。
おそらくは、家の中だけで保護するのも飼い主さんが目を行き届かせてお散歩するのも、どちらも正解だし間違いではないのです。

大切なのは、悩みながらでもいいから愛猫に一番良い方針をきちんと決めることだと思います。

まとめ:愛猫に散歩が必要な場合とは?

  • 脱走後、見極めたうえで「本当に出たがっている」場合
  • 元ノラ猫で、縄張りを気にしている場合
  • 猫が出たがっていて、毎日散歩をさせると決心した場合

さいごに

ワンちゃんもそうですが、毎日散歩をさせるのは大変です。
しかも猫の気まぐれに付き合いながらになるので、散歩をするにはそれなりの覚悟が必要になるでしょう。
私自身、今まで「ずっとノラだった猫は室内飼いには向かない」と思っていたのですが、こちらのサイトを見て考えが変わりました。


↓気になる方は、一度読んでみてはいかがでしょうか。
野生猫がすっかり甘えん坊さんになった話(『にゃんペディア』へ)


タイトルとURLをコピーしました