レビューの点数4.9/5の満足度♪「にゃんがーど」はこちら ↓↓

高さが190cm!人気の猫脱走防止柵「のぼれんニャン」の特長とは?

猫脱走防止柵の選びのヒント

「猫のフェンスって、どれを選べばいいの?」

猫脱走防止柵を設置したいけど、いろいろな商品が出ているので、迷ってしまいますよね。
「手頃なお値段の柵を早く設置したい!」という場合は、のぼれんニャンが良いかもしれません。

日本育児というメーカーが出しているのぼれんニャンには

  • フェンスの高さがたっぷりある
  • 購入している人が多い
  • 賃貸でも設置しやすい
  • 拡張できる

などの特長があるので、ここでは紹介していきます。

メーカー:日本育児とは?

赤ちゃん用の安全ゲートやベビーカーなどを作っている会社で、猫ちゃんやワンちゃん用品も開発しています。

高さがたっぷりあるので玄関・ベランダから愛猫を逃さない

  • すき間は約3.5cm(最大幅で設置した場合)
  • 約190cmの高さまでガードしてくれる

猫ちゃんを通したくない玄関やベランダ。
そうした場所の手前にのぼれんニャンを取り付けることで、猫ちゃんの脱走や転落事故を予防できます。

またキッチンなど、猫ちゃんを入れたくない場所にドアがなくても、柵で仕切りを作ることが可能です。

のぼれんニャンは、格子やフェンス下のすき間が約3.5cmですから、猫ちゃんが通れないようしっかりガードしてくれます。

また、のぼれんニャンのフェンスの高さは、たっぷり190cm前後あります。
猫は、助走を付けなくても1.5~2mくらいの高さは跳べるといわれているので、中途半端な高さだとカンタンに超えられてしまいます。
でも、190cmもあるなら安心ですね。

ランキングで1位を獲得した猫脱走防止柵

のぼれんニャンは、楽天の

  • 週間ランキング
  • デイリーランキング

1位に輝いたことがあります。

有名で人気のある商品なので、「どの猫脱走防止柵がいいの?」と迷っているなら、候補に加えて間違いないでしょう。

つっぱり棒で設置するから壁や天井をキズ付けにくい

中には「猫用のフェンスって、大がかりな工事になるんじゃないの?」と思っている人もいるかもしれません。

家の壁に穴をあけるのなら、賃貸に住んでいる場合はまず設置できないですよね。
でも、のぼれんニャンは、つっぱり棒でフェンスを固定するタイプです。

  • 天井や壁をキズ付けたくない人
  • 賃貸マンションや新築の家に住んでいる人

にはぴったりです。

取り付けは自分でするのですが、ドライバーなどの工具を使わずに、1人でも設置できます。

別売りパーツを使えば家のサイズに合わせられる

のぼれんニャンは市販の既製品なので、ある程度のサイズがあらかじめ決まっています。
ですが、つっぱり棒の長さや横幅が調節できます。

でも、最大まで伸ばしてもまだ大きさが足りない、というお宅もあると思います。
その場合には、別売りの拡張パネルや拡張ポールを使えば、サイズを拡げることができます。

「のぼれんニャン」の製品情報

商品名のぼれんにゃんバリアフリー
販売元日本育児 ペットセレクト
フェンス部分の幅×高さ約75~78×約170~190cm
取り付けの全体幅約79~84.5cm(別売りの拡張パネル1枚で約38.5cm拡げられる)
つっぱり棒の支柱約181~245cm(別売りの拡張ポールをつけると約245~265cm)
重さ約4.5kg
素材ABS樹脂、スチール、アルミニウム
扉の開き方両開き

まとめ:「のぼれんニャン」の良いところ

  • フェンスの高さが約190cmとたっぷり!
  • 楽天の総合ランキングで1位を獲得した人気商品
  • つっぱり棒で設置するから賃貸や新築がキズつかない
  • 別売りのパーツで拡張ができる

さいごに

のぼれんニャンの設置には、平らな場所が前後に6cm以上は必要なので、取り付けたい場所をよく確認しておきましょう。
扉を開け閉めしたときに、電球などの障害物に当たらないかも見ておいてくださいね。


⇒ 次の記事へ「のぼれんニャン」の評判は?購入前に考えたいこと

タイトルとURLをコピーしました