レビューの点数4.9/5の満足度♪「にゃんがーど」はこちら ↓↓

「どうしても花を飾りたい!」猫にも安全な植物ってあるの?

「どうしても花を飾りたい!」猫にも安全な植物ってあるの?


前回は愛猫を危険な植物から守る方法について紹介しました。

一番簡単な方法は、家の中に植物を置かないことです。

とはいえ、「どうしても植物や花を飾るのを諦めきれない!」という人もいるかもしれません。
そこで今回は、安全に植物を飾る方法を紹介します。


↓↓前回の記事はこちら。↓↓


プリザーブドフラワーを飾る

プリザーブドフラワーとは、薬品で加工して長持ちするようにしたお花のことです。
お値段は高めですが、生のお花や植物のように、水や肥料をやる手間がいらないのが良いところですね。

ケースに入ったプリザーブドフラワーなら、猫ちゃんが触れてしまう心配はありません。
倒しても割れないように、アクリルなどのケースに入った物を選びましょう。

造花を飾る

本物のお花と比べると少し味気ないですが、中には本物と見間違えるくらいの造花もありますよね。
どうしてもお部屋に花を飾りたいなら、造花を飾るという手もあります。

ただ、猫が造花にじゃれついた時に、切れ端を飲み込んでしまう心配があります。
なので、基本的には、猫に届かない場所に置くようにしましょう。

安全と言われる植物を飾る

どうしても部屋に植物や花を飾りたい場合は、比較的安全だと言われているものを選びましょう。

比較的安全な植物や花

  • パキラ
  • ガジュマル
  • サンスベリア
  • モンステラ
  • エバーフレッシュ
  • シソ科(シソ、ミント、キャットニップなど)
  • ラン科(オリヅルラン、コチョウランなど)
  • サルビア
  • レモングラス
  • ガーベラ
  • カモミール
  • ナスタチウム(キンレンカ)

※猫にも個人差(個体差)があるので、この中の植物でも、食べると体調が悪くなることもあり得ます。
原則、猫ちゃんが触れられないように飾りましょう。
ミントなど、香りの強いものは猫が嫌うこともあります。
十分に注意してくださいね。

猫が植物を食べたがる時は?

猫が植物を食べたがる時は?


猫は肉食動物なので、植物や野菜は食べ物ではありません。
でも、猫によってはじゃれるだけでなく、わざわざ植物を食べることもありますよね。

猫が草を食べるのには

  • 毛玉を吐き出すため
  • ストレス解消のため
  • 何らかの栄養不足のため
  • 癖になっているため

などの理由があると言います。

猫が草を食べたがるなら、ペットショップなどで売っている猫草(キャットグラス)を置くのも一つの方法です。
でも、やたらと草を食べさせるより、原因を改善してあげる方が大切だと思います。

  • 毛玉を排泄できるエサに変える
  • 猫に快適な環境かを見直す
  • 栄養について獣医さんに相談してみる

などを行って、猫ちゃんの健康管理をしてくださいね。

まとめ:猫にも安全な植物の飾り方

  • 割れないケース入りのプリザーブドフラワーを飾る
  • 造花を猫の届かない場所に飾る
  • 安全と言われる植物を飾る(個体差には注意)

最後に

「安全」だと言われている植物でも、(猫にとって)大量に食べれば、異変が起きます。
愛猫の健康が心配なら、やっぱり触れさせないのが一番です。

特に、仔猫のうちは好奇心で何でもかじっちゃうので、さらに注意が必要でしょう。

タイトルとURLをコピーしました