レビューの点数4.9/5の満足度♪「にゃんがーど」はこちら ↓↓

引越しで猫を連れて行くにはこれだけの方法がある

引越しで猫を連れて行くにはこれだけの方法がある


猫と一緒にお引越しする場合は、猫を新居へ連れて行く方法を最初に決める必要があります。
それによって、引越し屋さんの選び方も変わってきます。

猫を連れて行く方法には、大まかに分けて

  • 自分が連れて行く
  • 業者に輸送を依頼する

の2種類があります。

しかし、自分が連れて行く場合でも、車や電車、飛行機など、様々な手段がありますので、愛猫にもっとも負担のかかりにくい方法を考えることが大切です。
ここでは、どのような方法があるのかを紹介します。

自分で連れて行く

飼い主さんが自分で猫を連れて行く場合にも、いくつかのパターンがあります。

自家用車

長距離でない場合は、飼い主さんが自分の車に載せて行くのがベストだと言われています。
普段から愛猫を一番よく知っているのが飼い主さんなので、移動中の異変にも気付きやすいです。

また、自分のペースで休憩を取ることができるので、猫ちゃんへの負担も比較的少ないです。
走行中に車内を動き回ると事故の素になるので、猫は必ずキャリーバッグに入れておきましょう。

電車やバス

公共の交通機関を使う場合です。

猫は基本的に手荷物の扱いで、あらかじめキャリーバッグに入れて一緒に乗車することになります。
事前に許可が必要であったり別料金が発生することもありますが、各社の規定によります。
また、断られてしまう場合もあります。

そのため、事前に運行会社のホームページや電話で確認しておきましょう。

飛行機

飛行機は、引越し先が海外や遠い場所の場合に、他の手段よりも短い時間で移動できるのが良いところです。
単純に時間だけを見れば、なるべく移動時間が短い方が猫への負担は少ないでしょう。
(ただ、揺れや騒音なども考えると、時間が短かければ安全とは一概に言えません。)

しかし、猫を貨物室に預けなければならないことや気圧・気温の変化があることから、移動中に衰弱したり後々まで体調を崩す可能性もあります。
(国際線の場合は、機内で一緒に過ごせる航空会社もあるようです。)

特に、平たい顔の猫種は呼吸に異常が出る可能性があるので、預かってもらえない場合もあります。
それ以外の猫種でも、持病やコンディションによっては体調が悪化するおそれがありますので、引越し前にかかりつけの獣医さんに相談しておきましょう。

移動中は、猫をクレート(持ち運び可能な小さいケージ)に入れることになります。
クレートは自前でも良いですし、航空会社に貸してもらうことも可能です。

長距離移動の場合の選択肢の一つに、フェリーなどの船があります。
フェリー内ではペット専用ルームに預けるか、ペット可のお部屋を取って飼い主さんが付くこともできます。

飛行機と比べて気圧の変化がない点は安心ですが、ペットルームでは飛行機の貨物室と同様に、よその動物と一緒に過ごすことになります。
移動中ずっと他の犬猫のにおいや鳴き声、動く音に触れることになるため、特に敏感な猫ちゃんには大きなストレスとなります。

また、天候によっては船がかなり揺れるので、乗り物酔いになってしまうかもしれません。
そうした意味では、船での移動はあまりお勧めできないです。

ペットの輸送業者に任せる

ペットの輸送業者に任せる

ペットタクシーと呼ばれる、ペットを目的地まで運んでくれる専門のサービスもあります。
自分の車がない場合や、公共交通機関を利用するのが心配な場合には便利で安心です。
新居はもちろん、指定した動物病院やペットホテルなどに連れて行ってもらうこともできます。

ペット輸送の専門業者には、動物の扱いに慣れていたり関連資格を持ったスタッフが在籍していることが多いです。
業者によっては、よそのペットと一緒にならないように車や電車をチャーターしてもらえます。
そのため、飼い主さんに代わって、猫ちゃんを安全に新しい家まで届けてくれます。

引越し屋さんに依頼する

引越し業者の中には、猫や犬などのペットの輸送サービスを提供しているところもあります。
ペットとの引越しの専用プランを用意している場合もありますが、別料金を払って依頼できる場合が多いです。

さらに猫の輸送は、前章で紹介した専門業者が行う場合と、引越し業者のスタッフが行う場合があります。
動物の扱いをマスターしたスタッフを養成するのは大変なためか、輸送専門業者に任せている引越し屋さんが多いようです。

こうしたペット込みの引越しプランを用意している業者は、動物のいる家の引越しに慣れています。
猫が脱走しやすくなることも知っているので、気を付けながら作業を進めてくれるでしょう。

まとめ:引越し時に猫を連れて行く手段の一覧

  • 自分で連れて行く(自家用車、電車やバス、飛行機、船)
  • ペットの輸送業者に任せる
  • 引越し屋さんに依頼する

お金のことも考えると、どの方法が一番良いとは言えませんが、猫への負担が少ないのは自家用車で連れて行くこと輸送業者や引越し屋さんに依頼することではないでしょうか。

業者に頼む場合は、これまでの実績を調べて信頼できるところを選びましょう。
また、猫を自分で連れて行く場合でも、ペットのコースがある引越し屋さんの方が慣れているのでおすすめです。


タイトルとURLをコピーしました