レビューの点数4.9/5の満足度♪「にゃんがーど」はこちら ↓↓

【猫のペット保険】必要派と不要派の言い分は?

猫の健康について

前回に、猫のペット保険は治療費の一部を負担してくれるサービスだと紹介しましたね。

人間と違い、猫などのペットの場合は医療費全額を飼い主さんが払うことになります。
入院や手術で治療費が高額になる場合は、一部でも負担が減るとありがたいですよね。

ですが、猫の保険の加入については、人によって「必要だ」という意見と「不要だ」という意見に分かれるようです。

「必要だ」という理由

  • 治療費の負担が減って助かった
  • 猫の様子がおかしい時に、すぐ獣医さんに診せやすくなる
  • 治療の選択肢が増える
  • 猫の医療費の不安が減る

「不要だ」という理由

  • 年々保険料が上がるので負担感が強い
  • 風邪などで通院していたら限度額に達し、重い病気の時に利用できなかった
  • 保険会社から一方的に更新を切られることもある

どちらの意見も一理ありますね。
確かに、保険に入っていれば、ためらうことなく動物病院へ連れて行けます。
しかし、軽めの症状の時に保険を使ったがために、もっと大きな病気をした時に保険に頼れなくなるケースもあるようです。

「使いたい時に使えないんじゃ、保険の意味がないなー」
と思う方がいるのも分かります。

猫の保険には無制限で使用できるものと、補償額の上限や回数が制限されているものがあります。
それは、保険会社やプランによって違うので、加入する前に良く調べておくことが大切です。

また、猫が年を取ったり頻繁に治療が必要な病気にかかると、保険会社から更新を断られて使えなくなる場合もあります。
「ずっと使えると思っていたのに違った!」と慌てないために、今だけでなく未来も見据えて保険を選びましょう。


タイトルとURLをコピーしました