レビューの点数4.9/5の満足度♪「にゃんがーど」はこちら ↓↓

猫と一緒に引越しはできるの?

猫とお引越し

「来月から○○に赴任して」と職場から言われた場合、飼い猫をどうしたらいいのか迷ってしまう人もいるかもしれません。

猫と引越しはできるのでしょうか?
また、海外に連れて行く場合はどうなのでしょうか?

ここではそんな疑問を解消します。

愛猫との引越しは可能

引越し先が猫を飼えるところなら、一緒に引越しすることは可能です。
ただし、猫は神経質で環境の変化に弱い動物なので、細かく気を配ることが大切です。
引越し時、迷子にさせないように細心の注意を払います。

あらかじめ猫をどうやって連れて行くかを計画し、必要に応じてペットの扱いに慣れている引越し屋さんやペットタクシーを手配しましょう。
また、新居の準備が整うのに数日かかる場合は、一時的にペットホテルや知人の家に預ける必要があるかもしれません。
行き当たりばったりで決めずに、愛猫にとって一番負担が少ない方法を考えましょう。

海外への引越しもOK

所定の手続きを踏んで予防接種などの必要な処置をすれば、猫と一緒に外国へ行くことも可能です。
(連れて行く先の国の規定によります。)
ただし、他の国に猫を連れて行くのは動物の輸出扱いになります。
行き先の国によって受け入れの条件が違うので、しっかり調べて早めに準備をしておくことが大切です。

書類の確認などで、向こうの国から許可が下りるまでに数ヶ月かかる場合もあります。
そのため、急に海外赴任が決まった場合には、一時的に他の人に預けることも考えねばならないでしょう。
また、家が替わるだけで体調を崩すデリケートな子もいるほどです。
海外へ連れて行く場合、さらにリスクが高いことは言うまでもありません。

中には、すぐに適応できる猫ちゃんもいますが、完全室内飼いで育ってきた子は特に環境変化に弱い傾向があります。

まとめ

愛猫が引越し先にどれくらいで馴染めるかは、ある種「やってみないと分からない」部分もあります。
「引越し後に、実は繊細な猫なんだと分かった」というケースも少なくありません。
うまく馴染めないと、脱走をしたり具合が悪くなる子もいますので、猫との引越しは準備段階からポイントを押さえて進めていきたいものです。


タイトルとURLをコピーしました