レビューの点数4.9/5の満足度♪「にゃんがーど」はこちら ↓↓

愛猫も人も快適なケージの選び方

猫の安全対策

仕事中で家を留守にする時や、先住猫と新入り猫を対面させる時に便利な猫ちゃん用ケージ。
様々な素材や形状などのタイプがあるので、どれを選べば良いのか分からない方も多いのではないでしょうか。

今回は、

猫と飼い主の両方に快適な猫用ケージの選び方

を紹介します。

ケージを選ぶポイント3つ

ケージは、愛猫の安全を守ったり脱走を予防することができるのが大きなメリットですが、その一方でデメリットもあります。
例えば、長時間ケージに入れておくと運動不足になることや、ストレスが溜まってしまうことが挙げられます。

そのため、メリットを活かしつつもデメリットをカバーできる製品が適しています。
つまり、結論から言うと

  • お手入れしやすいもの
  • 広さや高さが調節可能なもの
  • 動かしやすいもの

の3つを押さえておくことが大切です。
それでは、ケージ選びに大切なポイントを詳しく見ていきましょう。

安全性

まずは、愛猫にとって安全なケージかどうかが第一です。

最適なケージの段数は猫の年齢・体格による

猫用ケージは、1~3段のどれかがほとんどです。

猫は木登りや段差に上がるなどの上下運動が好きなので、大人の猫の場合は、ある程度の高さがある方が良いでしょう。
具体的には、2~3段のケージが望ましいです。

仔猫の場合は、高さがあり過ぎると落下事故が怖いので、1段か2段程度が適しています。
また、成猫でも怪我や病気、高齢のために動けなかったり安静を保ちたい場合には、1段のケージを使う必要があるでしょう。

耐久性があるもの

体格の良い猫ちゃんは体重もあるので、ケージ内でジャンプした時に倒れたり破損する危険もあります。
そのため、しっかりとした造りの丈夫なケージが安全でしょう。

安全な素材でできたもの

安全な素材でできたもの

猫ちゃんがケージを噛んだり舐めたりする可能性があるので、ケージの素材や塗料にも注目したいものです。
ケージの素材で多いのは、

  • 金属(スチール・ステンレス)
  • プラスチック
  • 木材

の3つで、塗料で色を付けている場合もあります。
それぞれに特徴がありますが、安価で軽いのはプラスチック製で、丈夫さを重視する場合はスチール製のケージがおすすめです。

抜けられない格子幅のもの

多くの場合、ケージを使う目的は愛猫をケージの中で過ごさせることだと思います。
小さな猫ちゃんでは、ケージの隙間から抜けて脱走したり挟まってしまう危険があるので、格子の幅が猫の頭より狭いものを選びましょう。

手入れのしやすさ

ケージの中に猫トイレやえさ皿を設置する場合が多いと思います。
猫砂や排泄物、抜け毛やこぼれたえさなどで次第にケージ内が汚れますので、掃除がしやすい製品を選びましょう。

具体的には、扉が大きめで猫トイレを出し入れしやすいものや、いざという時に水で丸洗いができるように、分解や組み立てがしやすいものがおすすめです。

また、キャスターの付いたケージであれば、ケージを置いている部分の床や壁際を掃除しやすくなります。
キャスタータイプの場合は、地震などで動かないようにストッパー付きのものが安全です。

猫ちゃんの快適さ

猫ちゃんの快適さ

愛猫をケージに入れるデメリットは、運動不足になりストレスが溜まることです。
そのため高さも大切ですが、ある程度の広さも確保するのが良いでしょう。
また、ケージ内に猫ちゃんのくつろげるベッドやハンモック、爪とぎ場を用意するのがおすすめです。

利便性

なるべくですが、自分で段数や広さの調節ができるケージが便利です。
はじめに仔猫と大人の猫では適した段数が違うと言いましたが、愛猫の成長とともにケージを買い替えるのは大変ですよね。
猫用ケージの中には段をつけ足したり外したりできる製品もあり、その都度買い替える必要がなく経済的です。

また、車などに載せて持ち運びをしやすい、キャリーバッグとケージの中間のような製品もあります。
万が一災害などで一緒に避難する必要がある場合には、運びやすいケージが役立つでしょう。

おすすめ猫用ケージ3選

ここでは、種類の違う3種類のケージを紹介します。

① アイリスオーヤマ コンビネーションサークル

スチールの骨組みが有害物質を含まない樹脂でコーティングされており、猫ちゃんにも安心な素材でできたケージです。
下には動かしやすいキャスターが付いており、ストッパー用の受け皿もあります。

一番の特徴は、自由に部屋を増やしたり減らしたりできる点でしょう。
猫の成長や状態に合わせて調節ができ、とっても経済的です。


詳しく見たい方はこちら


【P5倍!】ペットサークル コンビネーションサークル ワイドセット アイリスオーヤマ ペットゲージ


② 猫壱 ポータブルケージ(トイレ付)

普段使いというよりも、災害時の避難といった出先で使いやすい持ち運び用ケージです。
折りたためますし、簡易トイレがセットになっているので万が一の備えに向いています。

縫い目がなく防水加工がされているため、汚れも落ちやすいです。


詳しく見たい方はこちら


猫壱 ポータブルセット ケージ+トイレ 黒 折りたたみ 災害 犬 猫 関東当日便


③ ハピネコ CAT CAGE(タンスのゲン)

3段ケージで、キャスターも付いています。
ステップ自体が麻製の爪とぎになっているので、後付けして中が狭くなることもありません。

さらに、側面に取り付け可能な水飲み皿ハンモックも付属しているのがお得です。


詳しく見たい方はこちら


★今夜20時〜4H全品P5倍★送料無料 爪とぎポール付き キャットケージ 3段 ハンモック付


まとめ:おすすめ猫用ケージの条件

  • プラスチック製のもの
  • 広さや高さが調節できるもの
  • 動かしやすいもの

さいごに

ケージを選ぶ時には、中に置くトイレが十分置ける広さかどうかを見るのも大切ですし、ケージを置く場所のサイズを測っておく必要もあるでしょう。
また、ケージ内にずっと閉じ込めておくとストレスになるため、飼い主さんがいる間は部屋で自由にさせてあげてくださいね。

仕事などで留守にする時間が長い場合は、どうしてもケージで過ごす時間が長くなります。
その場合には一部屋を愛猫専用の部屋にして、猫用フェンスドアロックで脱走を防ぐと、愛猫が安全かつ自由に過ごせるでしょう。


タイトルとURLをコピーしました