レビューの点数4.9/5の満足度♪「にゃんがーど」はこちら ↓↓

愛猫の脱走や進入を防ぐ3つの必須アイテム

猫の安全対策

普段から出入り自由にしている猫はもちろんですが、室内飼いの子でも脱走を図る可能性があります。
誤って外に出てしまうと見つけるのはかなり大変ですし、戻ってきてもストレスで体調を崩す子もいます。

また反対に、外への興味が増してやたらと出たがるようになる場合もあります。
どちらにしても可哀想なことになってしまいますので、あらかじめ脱走予防の対策が必要です。

今回は、

猫ちゃんの脱走・進入を防ぐ3つのグッズ

を紹介します。

ドアロック(網戸ロック)

脱走も心配ですが、家の中には、仕事の大事な書類を置いている部屋や猫にとって危ない場所もあると思います。

でも、レバー型のノブが付いたドアなら、猫は上手に飛び乗って簡単に開けてしまいます。
器用な猫ちゃんにとっては、鍵を掛けていないドアはもはやないのと同じだったりしますよね。

とは言え、丸形のドアノブや鍵付きのドアに付け替えるのは、手間や技術もいるので結構ハードルが高いです。

そんな場合におすすめなのが、ドアロックです。
装着簡単でドアノブを固定できるので、「人間は出入りできるけど猫が勝手に開けられない状態」を手軽に作り出すことができます。

また、引き戸や網戸のサッシなど、横にスライドさせるタイプのドアも猫は開けられます。
ベランダの網戸のサッシを自力で開けて出てしまう猫ちゃんは案外多いです。
そうしたスライドタイプのドアには、ドア面に強力な両面テープで貼り付ける網戸ロックが効果的です。

両面テープといっても長期間使ってもずれないほど超強力で、ロックを引き出すと引き戸が引っかかり開かなくなるという仕組みになっています。
外部からの侵入も防ぐので、防犯グッズとしても役立ちます。

強化網戸

前章で紹介した網戸ロックを取り付けたとしても、網戸を破って外に出てしまう子もいます。
出るつもりがなくても、猫は登ることが大好きなので、網戸をよじよじしているうちに破れてしまう場合も少なくありません。

網戸が壊れる度に張り替えていたのでは費用がばかにならないですし、何より事故が心配ですよね。
絶対に開けない窓なら不要ですが、換気をする窓には強化網戸に替えておくと安心です。

網戸のネットはポリプロピレンという合成樹脂でできたものが一般的ですが、強化タイプはポリエステルステンレスで作られています。
猫が爪で引っかいたり体当たりしても破れにくいので、夏場に換気をしたい場合には特におすすめです。

猫脱走防止柵

台所のように元々ドアがない場所や、玄関など外から中が見えない出入り口には、脱走防止柵の設置がおすすめです。
脱走防止柵は周囲の壁や天井、床に固定して取り付ける後付けの簡易ドアで、「ペットフェンス」や「パーティション(ついたて)」などと呼ばれることもあります。

近頃では、壁などを傷付けずに取り付けができるつっぱり棒固定タイプが人気です。
賃貸住宅でも設置しやすいのが特長の一つでしょう。

まとめ:猫の脱走や進入を防ぐ代表アイテム

  • ドアロック(網戸ロック)
  • 強化タイプの網戸
  • 猫脱走防止柵

さいごに

これだけの予防策をしても決して慢心はできません。

猫の学習能力の高さは侮れないです。
初めは効果があっても、飼い主が開けているのを見て、ほんの何週間かで開け方を覚えてしまう場合もあります。

脱走防止グッズ自体を噛むこともあるので、噛んだり舐めても安全なグッズを選ぶことが大切です。
また、万が一出られてしまった時に備えて、迷子札GPS付きの首輪なども同時に活用していきましょう。


タイトルとURLをコピーしました