レビューの点数4.9/5の満足度♪「にゃんがーど」はこちら ↓↓

猫用ハーネスの種類にはどんなものがあるの?

猫ちゃんの散歩

「愛猫をお散歩させたい」

「動物病院へ安全に連れて行きたい」

など、猫にハーネス(胴輪)を使う目的は様々だと思います。
ですが、嫌がっているのに無理強いして着けるものではありません。
少しでも猫ちゃんに負担がかからないように、合ったものを選びたいですよね!

今回は、

猫用ハーネスの種類と、それぞれのメリット・デメリット

をご紹介します。
参考にしていただければ幸いです。

紐タイプ

紐タイプ

主に、首と胴体部分の2ヶ所を留める仕組みのハーネスです。
首輪+胴輪という感じで、装着するとストラップを巻き付けているような見た目になります。
ナイロン素材のものが多いです。

メリット

  • 価格が安め。
  • 表面積が少ないので閉塞感がなく、ベストタイプを嫌がる猫にも使いやすい。

デメリット

  • 調節が甘いと、抜けてしまう可能性がある。
  • ストラップが細い製品は、きつく締めすぎると体に食い込んで猫の負担になる。


詳しく見たい方はこちら


PUPTECK ハーネス 猫用 小型犬 ハーネス ナイロン製耐久性良い胴輪 リード付 ピンク


ベストタイプ

ベストタイプ

両前脚を通して背中側からマジックテープなどで留める、まるで洋服のような形のハーネスです。

メリット

  • 服のような構造で簡単には抜けにくい。
  • 主に胴体をぐるりと覆うので、首が締まりにくい。
  • 可愛い、おしゃれな見た目のものが多い。

デメリット

  • 紐タイプよりもお値段が高め。
  • 胴体の上半分を覆うので、慣れないと猫の抵抗感が強い。
  • 素材や形によっては、動きが制限されてストレスになりやすい。


詳しく見たい方はこちら


ゴロにゃんオリジナル猫用ハーネス ダブルブロックタイプ(Sサイズ)


まとめ:猫用ハーネスの種類

  • 紐タイプ
  • ベストタイプ

さいごに

紐タイプよりもベストタイプの方が面積が多いので、抜けにくいと言われています。
ただ、服への抵抗感が強い猫ちゃんもいます。
馴染んでくれるかは、実際に着せてみないと分からない部分もあります。
初めはダメでも徐々に慣れていく場合もあるので、根気強く工夫をしていくのが良いでしょう。


タイトルとURLをコピーしました